反原発の市民団体「玄海原発対策住民会議」(藤浦皓会長)は16日、九州電力に対し廃炉を決めた玄海原発1号機の運転資料を開示することや安全対策の現状を説明するよう要求書を提出した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加