経済的に苦しい国民健康保険(国保)加入者の医療費の自己負担分を減免する救済制度が佐賀県内の一部市町で未整備となっていた問題で、県は5日、本年度中に全市町で整備を終える方針を決めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加