レタスだけは虫の被害がなく、きれいにできました

 暦の上では、秋が終わりを告げて冬に移り変わろうとしています。今年の夏は本当に暑かった。クーラーいらずが自慢だった涼しい山の家も、頭がボーっとなって倒れそうになる日もありました。

 畑の野菜も8月のひどい干ばつでどれもこれも弱り果て、9月にやっと雨が降ってくれたと思ったら、どこからともなく虫がわいて、サトイモの葉っぱなんかは全部なくなってしまうほどでした。

 大根や葉物の種降ろしも、発芽したと思ったら片っ端から虫に食べられてしまい、やれやれ今年はどうなることか…と。昔の人なら本当に生死にかかわる一大事だったことと思います。

 しかし、虫の大反乱も徐々に落ち着き、よく雨が降ってくれたおかげでサトイモやショウガ、ゴボウも順調に回復。サツマイモや山芋も掘ってみると結構豊作だったりして。山あり谷あり、苦あれば楽あり。心休まることはありませんが、大地の恵みに心から感謝する日々です。

(地域リポーター・一ノ瀬文子=鹿島市)

このエントリーをはてなブックマークに追加