年間220トン、お菓子やソースに JAさがは、アスパラガスの出荷時に出る残渣(ざんさ)「切り下」の活用に乗り出す。出荷規格に合わせるために切り捨てていた部分で、菓子やソースなどの原料として使う計画。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加