新茶シーズンを迎え、佐賀や長崎で生産される「うれしの茶」の本年度初入札会が17日、嬉野市の西九州茶農業協同組合連合会(茶連)で開かれた。今年の新茶は、昨年秋以降の適度な降雨と日照により順調な生育。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加