国営諫早湾干拓事業の開門を求めて訴訟をしている有明海沿岸4県の漁業者が18日、佐賀市で集会を開いた。開門の確定判決を守らない国への制裁金について、今後も増額を申し立てていくことを確認した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加