鹿島美術人協会(杉光定会長)の「歳末助け合い色紙・小品展」が21日、鹿島市高津原のアンジェリック伊東で始まった。会員約30人が、鹿島城の赤門を描いた絵画などの作品約80点を展示販売している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加