気象庁は19日、西日本(近畿、中四国、九州)から東日本(関東甲信、北陸、東海)の太平洋側を中心に20日にかけて激しい雨が降る恐れがあるとして、落雷や突風、河川の増水などに注意を呼び掛けた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加