佐賀・鍋島藩家老の成富兵庫茂安、熊本・肥後藩主の加藤清正が手掛けた治水事業を学ぶシンポジウム(NPO嘉瀬川交流軸主催)が7日、佐賀市文化会館で開かれた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加