白磁や染付の印象が強い初期伊万里だが、鉄釉をかけた茶色の器が存在する。「吸坂手(すいさかで)」。かつて石川県九谷産といわれてきたが、近年の研究で有田産と考えられるようになった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加