東日本大震災で津波にのまれて犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校の児童の遺族が損害賠償を求めた裁判。仙台地裁は「津波の襲来は予見できた」として、合わせて約14億2600万円を支払うよう市と県に命じた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加