■市町、事業者の意見反映を 連合佐賀(相川司会長)は20日、医療・介護に関する基金の用途を決める佐賀県の事業計画に、市町や事業所の意見を反映させるよう求める要請書を山口祥義知事宛てに提出した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加