子どもたちがうれしの茶の伝統的な製法を学ぶ授業が20日、嬉野市の茶業研修施設「嬉茶楽館(きんさらんかん)」であった。嬉野小の3年生約70人が、釜いりと手もみを体験。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加