有田町の香蘭社が明治初期に製造した磁器碍子(がいし)が、電気学会の「でんきの礎」顕彰を受けた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加