政府の規制緩和会議の提言を受けて、解雇問題の「金銭解決」制度の導入が検討される。企業と労働者間のスムーズなトラブル解決を図るのが狙いだが、乱用による不当解雇助長の懸念もある。慎重な議論が必要だ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加