佐賀市で19年ぶりとなる熱気球世界選手権(実行委員会主催)が28日、開幕した。変形気球などを含めて31カ国・地域の186機が参加する。初日は雨のため公式練習は中止となり、気球は飛ばなかった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加