水琴窟(すいきんくつ)は日本庭園の技術の一つであり、「音の文化」としても、江戸から明治時代にかけては盛んに愛好されたがいつの間にか、その存在すら忘れ去られていた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加