佐賀県沖の有明海で養殖した秋芽ノリの今季初めての入札会が24日、佐賀市の県有明海漁協であった。赤腐れ病などの影響で生産量が大幅に落ち込み、販売枚数は1億3586万枚で、過去10年で最も少なかった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加