■有機農法の「勘」を理論化 収穫直前の稲を害虫トビイロウンカに食い荒らされた田は、実りの秋とはほど遠い景色だった。「常に現場に答えはある」-。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加