佐賀県は、農産物の販路開拓やブランド化に取り組む農業者を支援する「さが農業経営塾」に「女性農業者コース」を新設した。ワークライフバランス(仕事と生活の両立)の考え方や経営管理のノウハウ、人脈づくり、魅力が伝わる情報発信などを学ぶ。参加希望者は11月18日までに申し込む。

 会場は佐賀市川副町の県農業大学校で、講座は全5回。11月30日午後1時から開講式があり、12月7日から来年2月23日まで、ほぼ隔週で開かれる。福岡を拠点に活動する野菜ソムリエで、農産物の販売促進を企画する会社を設立した桑原ナミさんが講師を務める。

 開講時間は午前10時から午後3時。講座は動画で後日確認することができるなど、やむを得ず欠席した場合のサポートも充実している。事務局を務める同大学校研修部の稲富恵子主査は「農業分野での女性の活躍は大きな可能性を秘めている。講座が一歩踏み出すきっかけになれば」と話す。

 問い合わせは業務委託先の有限責任監査法人トーマツ、電話092(751)1129へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加