唐津市七山にある「観音の滝」は日本の滝百選の一つ。その名は、大寶2(702)年、行者が堂を建てて「聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)」を本尊としたことに由来する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加