65歳未満で発症する若年性認知症の人が置かれた環境の厳しさが厚労省の調査で分かった。仕事をしていた人の約8割が失職したという衝撃的な数字だ。病状の進行度によっては、就労継続に支障がないケースもある。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加