神埼市の神埼中(横尾秀憲校長)で反射材たすきの贈呈式があった。日没が早まり下校時の危険性が高くなるシーズンとなり、神埼地区交通安全協会(城島訓浩会長)が全校生徒511人分を用意。反射材の着用と交通安全の意識を高めるよう呼び掛けた。=写真

 贈呈式では、城島会長が生徒に反射材たすきを手渡し、「皆さんは事故に遭ってはいけない地域の宝。逆に、自転車を運転する生徒は加害者にもなりうる。高いマナーを持って」と呼び掛けた。生徒会長の實松寛子さんが「大切に使います」とお礼を述べた。同協会は吉野ケ里町の東脊振中でも新入生にたすきを贈った。

このエントリーをはてなブックマークに追加