JR田代駅の北東に隣接する中央軌道上田代駅跡地。すぐ脇をJR鹿児島線の列車が駆け抜けていく=鳥栖市原町

 佐賀県の東端に位置する鳥栖地域は交通の要衝として栄えてきましたが、かつて鳥栖地域と福岡県朝倉地域を結ぶ中央軌道という鉄道が走っていたことをご存じでしょうか。

 中央軌道は1919(大正8)年に、鳥栖の実業家で「九州運輸業界の雄」とも称された八坂甚八によって設立され、現在の朝倉郡筑前町依井と鳥栖市を結ぶ軽便鉄道が計画されました。21(大正10)年には依井と小郡市松崎の間が開通して営業を開始し、27(昭和2)年に鳥栖市の上田代駅まで全線開通しました。

 当時は、小型のSLと3両ほどの客車がのんびり走り、駅以外の場所でも手を挙げれば止めて乗せてくれていたそうです。また、諸事情で実現しませんでしたが、鳥栖駅までの延伸を予定しており、もし実現していれば鳥栖駅の風景も今とは違ったものになっていたかもしれません。

 利用者低迷などから全線開通の翌年に朝倉軌道へ譲渡され、33(昭和8)年には水害などの理由から上田代~上小郡間が運行休止に。40(昭和15)年には全線廃止となりました。短命に終わった中央軌道の痕跡は現在ほとんどなく、その面影を追うことはできませんが、地域発展に貢献した歴史は忘れずに伝えていかなければなりません。

(地域リポーター・田中健一=鳥栖市儀徳町)

=きやぶ今昔物語・鳥栖三神=

このエントリーをはてなブックマークに追加