桜を散らす春の嵐が続き、穀雨の候にふさわしく崩れがちなお天気の合間の晴れの日に、お米の種を降ろしました。今年もお米作りの始まりです。 川口由一さんの自然農では、田んぼの一画に苗床を作るそうです。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加