嬉野高で家庭科の専門科目を学ぶ生徒と鹿島市の菓子店「赤門堂」が、新しい郷土菓子を開発した。まるぼうろのような生地にお茶などの嬉野の特産品を練り込んだ焼き菓子で、その名は「うれしの茶娘」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加