■ 家族20組 南多久町の森さん提案 高齢化や後継者不足で中山間地のミカン栽培が危機に直面する中、多久市南多久町の農家森正行さん(62)が、廃農を考える高齢の農家から買い取った畑のミカンの木のオーナ…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加