贈答用として人気の養殖車エビの本格的な出荷が27日、唐津市浜玉町の浜崎クルマエビセンターで始まった。この冬は計8トン、歳暮シーズンの12月だけで5トンの出荷を予定している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加