串揚げ酒場「あげ千」(鳥栖市京町)の「おまかせ8本コース」(1200円)は、月ごとに厳選した旬の食材を使用。客のほとんどが頼む人気メニューで、10月は北海道産サンマの梅しそおろしのせ、自家製そぼろの秋なす包みなどが並ぶ。11月からは広島産カキなどが加わる。

 「近隣に無いメニューを求めて、串揚げを我流で一から学んだ」―店主の千葉圭将さん(31)は、鳥栖市内の飲食店の店長時代に、本場の大阪や福岡などで食べ歩き、独自のレシピを考案した。「食材のうま味を逃がさず閉じ込める調理方法」とその魅力を語る。串揚げをもっと気軽に楽しんでもらおうと8月に独立した。

 「たくさん食べられるように」と胃もたれしにくい国産米油を使い、180度でからりと揚げる。ウスターソースベースのつけダレの他、ネタによっては塩分濃度の少ない岩塩を添える。「厳選生ハム3種盛り」(680円)も人気で、佐賀の地酒も取りそろえる。

店名  あげ千
住所  鳥栖市京町726
 (鳥栖駅から西に約100メートル)
営業時間  17時~24時半
定休日  日曜
電話  0942(84)1588
このエントリーをはてなブックマークに追加