■「冬、川に一日浸かって楮を踏んだ」 高度経済成長に伴う機械化や大量生産の波に押され、地域のさまざまな手仕事が消えていく中で、300年以上の歴史を持つ嬉野市塩田町の「鍋野和紙」は、一度、途絶えたもの…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加