史上最悪の原発事故後、避難対象地域を玄海原発の半径10キロから30キロ圏内に拡大した原子力防災訓練も5回目を数えた。28日の訓練は避難手段を増やすための新たな試みが目立った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加