事故や病気による脳の損傷で記憶や言語機能などが低下する「高次脳機能障害」の講習会が23日、佐賀市で開かれ、横浜市立脳卒中・神経脊椎(せきつい)センター作業療法士の早川裕子さんが講演した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加