江戸初めの1615(元和元)年ごろ、佐賀藩の成富兵庫茂安が嘉瀬川に取水施設「石井樋(いしいび)」を築いて400年になるのを記念したシンポジウムが23日、さが水ものがたり館で開かれた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加