児童虐待の防止策を協議する厚生労働省の専門委員会が、児童福祉法の対象年齢を現行の「18歳未満」から「20歳未満」に引き上げる案の検討を始めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加