太陽神と妖精の子パエトーンは、父アポローンに頼み込み日輪の馬車を駆った。神々の中でも太陽神しか乗りこなすことができない。「神の血を引く子として認められたい」との一心だった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加