佐賀市富士町の市立富士大和温泉病院で7日、火災を想定した避難と消火訓練が行われた。佐賀広域消防局と病院職員約80人が参加し、入院患者の安否確認や救助のための連携法などを確認した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加