鳥栖市は15日、2024年春の稼働を目指している県東部の次期広域ごみ処理施設計画に対し、建設候補地の同市真木町から地元同意を得たと発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加