先日、原発の再稼働に「待った」をかける住民の申し立てについて、福井と鹿児島の裁判所が異なる決定をした。国のエネルギー政策に、科学技術の専門家ではない裁判官がどこまで踏み込めるのか。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加