新人同士の一騎打ちとなった杵島郡江北町長選は、元武雄市くらし政策課長の山田恭輔氏(47)が、前町教育委員長の笹川辰朗氏(63)を破り、2度目の挑戦で初当選を果たした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加