熱気球が架線に接触してJR長崎線の運行に支障が出た事故を受け、熱気球世界選手権実行委員会は31日から始まる競技飛行で、線路から約300フィート(約90メートル)の範囲で飛行を制限する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加