第7回全国高校選抜クライミング選手権大会県予選会は30日、多久高で3部門があり、男子エキスパートの部は※鶴本直生(多久)が優勝、同ミドルは村上喬一郎(佐賀工)、女子は岸川弓子(多久)がそれぞれ制した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加