九州電力玄海原発1号機(東松浦郡玄海町)の廃炉について、九電が2016年度から作業に取り掛かり、43年度の終了を目指す28年間のスケジュールで進める考えを地元に示していることが分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加