国営諫早湾干拓事業(長崎県)の開門調査を求める漁業者側弁護団は2日、長崎市で農林水産省幹部と意見交換し、「開門反対派の営農者らが和解協議に参加するには、国が積極的な姿勢を示すことが必要だ」と訴えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加