■「日常の器」独創的に 日米で活躍する唐津市出身の陶芸家、中里花子さん(42)の個展が28日、唐津市東唐津の旅館洋々閣ギャラリーで始まった。唐津での個展は2年ぶり。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加