佐賀藩10代藩主・鍋島直正(1814~71年)について学ぶ講演会が29日、佐賀市の徴古館で開かれた。富田紘次主任学芸員が講師を務め、藩の近代化を他に先駆けて進めた名君の人物像に迫った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加