4月は新生活の始まり。社会人の一歩を踏み出した人たちもいます。 「日常の中に何気なく存在する地域の価値を発見し、開発していきたい」。佐賀県庁の新人職員副島沙也香さん(24)は意気込みます。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加