唐津市の坂井俊之市長は3日、市内5カ所の市営火葬場統廃合問題で稼働30年の老朽炉は順次廃止する方針を、事実上白紙に戻す考えを明らかにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加