漢字研究の泰斗、故・白川静(しらかわしずか)さんが残した字典『字統』によると、「孤」という文字はもともと父のない子を意味したとされる。また、ひとりぼっちで助けがないさまも表す◆孤独は人間にとって一番つらいともいわれる。だから誰かとつながろうとするのだろう。この人も強いように見えて、実はどんな時も味方になり、支えてくれる誰かがほしかったのかもしれない。韓国の朴槿恵(パククネ)大統領である◆親友とされる女性から、演説原稿などに助言をもらったとの疑惑が表に出た。公人でもないのに機密資料を受け取り国政に介入した疑いで、大統領府への捜索にまで発展した。政権発足以来の危機で足元が脅かされている。日本へ吹く風も変わってくるかもしれない◆朴氏にとって女性は40年来の仲で、「かつて私がつらかった時に助けてくれた縁」という。母を銃撃事件で亡くし、父を暗殺された朴氏にしてみれば、「心の支え」が必要だったのだろうか。就任後、日々、課せられる重責。セウォル号沈没事故など、苦境もあったとはいえ、許される限度を踏まえられなかったのか◆「どす黒いまでの孤独に耐えきれるだけの体力、精神力がいる」。かつて首相時代にもらした麻生太郎副総理の言葉である。トップはつらい。折れそうになる心をどう保つか、思いを同じくする方もおられよう。(章)

このエントリーをはてなブックマークに追加