鹿島市の祐徳稲荷神社で、正月用の「御神矢(ごしんや)」作りが追い込みを迎えている。朱塗りの矢に、巫女(みこ)らがえとの申(さる)が描かれた絵馬や鈴などを飾り付け、65万人を見込む初詣客に備えている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加