昭和の大合併で誕生して以来、基幹産業の衰退で人口減少の一途をたどってきた鹿島市と多久市。4月1日現在の推計人口で、それぞれ初めて3万人と2万人の“大台”を割った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加